読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3-分娩(出産レポ)

妊娠日記

こんにちは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2月14日、元気な男の子を無事出産しました!

何回かにわけて、出産レポートを書いていきます。

 

f:id:wasabicco:20170223170002p:plain

 

■分娩台へ

朝5時の回診で、「分娩室の準備してくるね~!あと1時間したら迎えくるからね~!」と言って助産師さんは去っていきました。

 

「あと1時間で終わる・・」

 

ホッとした瞬間、今まで以上のものすごい痛みが襲ってきました。

 

主人がナースコールしてくれ、助産師さんが車椅子をもって登場。

分娩室へ移動しました。

 

 

 

■吸引分娩

分娩台にあがって1時間ほどたち、何度いきんでみてもなかなか産まれてくれず、横向き、足をさらに上げてみる、など体勢も変えてみましたがだめでした。

 

しばらくして院長先生が登場。

院長先生は落ち着いた様子で、「それじゃあ少しお手伝いしますねー。もう大丈夫ですからねー。」と声をかけてくれました。

 

次の瞬間、パチッパチッという音が。

その時は全くきづかなかったのですが、後から主人から聞いたところ「会陰切開」された音だったそうです。

2箇所切られました。

 

「会陰切開」と聞くとものすごく痛そうなイメージですが、一晩中本陣痛の壮絶な痛みを経験した後だったので、切開自体には全く痛みを感じませんでした。

 

そして「次に痛みが来たら吸引させてもらうね。」と落ち着いた様子の院長先生。

 

痛みが来ました。

「いきんでー!」と助産師さん。

看護師さんは私のお腹をめっちゃ押してました。

 

 気づくと赤ちゃんが産まれていました。

 

 

■産まれました!

無事、元気な男の子が産まれました。

 

看護師さんや助産師さんが赤ちゃんをキレイにしたり体重を測ったりしている間、私は切開した場所を縫合してもらったり、胎盤を取り出されたりしてました。

 

主人や母は赤ちゃんの写真をとったり、家にいる家族に連絡をとったりしていました。

 

よく「出産は鼻からスイカが出るくらい痛い」と言われますが、私の場合は分娩にそれほど痛みを伴いませんでした。

 

とにかく一晩続いた本陣痛が痛すぎて・・・

それ以外の痛みを「痛い」と感じなくなっていました。

会陰切開も、分娩も、切開部分の縫合も、胎盤の取り出しも、不思議と痛くなかったです。

 

元気に産声をあげる我が子。

しばらくして、私の腕の中に。

 

とっても嬉しかったです。

 

2017年2月14日、

元気な男の子を無事出産しました。

 

 

次回、「出産のための準備・入院時」編に続きます

広告を非表示にする