読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21-不妊治療で返ってきたお金(わさび家の不妊治療記録)

不妊治療

こんばんは。

 

「わさびびより」のわさびです。

わさびのプロフィールはこちら

 

久しぶりの「わさび家の不妊治療記録」です。

 

先日、市の不妊治療助成金申請をしました。

 

f:id:wasabicco:20161009195248p:plain

 

不妊治療に関する助成金申請は、実際に住んでいる(住民票がある)場所の都道府県や自治体によって異なります。

 

私の住んでいる都道府県では、「体外受精」「顕微授精」に関する助成金のみしかなく、「人工授精」に関する助成金はありませんでした。

 

その代わり、自治体(市)の方で「人工授精」に関する助成金があったので、申請しました。

 

自治体によっては「タイミング法」にも助成金が出たりする場所もあるそうですね。(うらやましぃ。)

 

 

 

▼必要だった書類

・夫婦の戸籍謄本

・夫婦の健康保険証コピー

・治療にかかった領収書

・自治体指定の申請書(3枚)

・振込先の通帳、印鑑

 

※自治体により異なります

 

 

▼人工授精の費用として認められた治療

¥860(4月19日通院・自由診療分)

(参考記事) 

10-カウセリング2回目(わさび家の不妊治療記録) - わさびびより

+

¥22,680(4月21日通院・自由診療分)

(参考記事)  

13-人工授精1回目(わさび家の不妊治療記録) - わさびびより

+

¥4,100(5月27日通院・自由診療分)

(参考記事)  

14-人工授精1回目、失敗(わさび家の不妊治療記録) - わさびびより

+

¥14,810(5月31日通院・自由診療分)

(参考記事) 

16-E2値、あがりました(わさび家の不妊治療記録) - わさびびより

+

¥22,680(6月6日通院・自由診療分)

(参考記事)  

18-人工授精2回目(わさび家の不妊治療記録) - わさびびより

 

¥65,130(合計)

 

この分の治療費が助成対象となりました。

 

 

▼いくら返ってきたのか

では、自由診療(保険適応外)で医療機関へ支払った65,130円のうちいくら返ってきたのでしょうか。

 

申請して2週間もたたないうちに、市から「不妊治療費助成金交付決定通知書」が届きました!!

 

返ってきた金額は・・・

 

f:id:wasabicco:20161229102126j:plain

 

¥45,591 !!

 

 

人工授精でかかった費用のうち、7割が自治体の助成金で返ってきました

 

市役所での申請もとっても簡単でした!

社会保険が適用できない不妊治療費。自治体が補助してくれるのは嬉しいですね。