読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブへ旅行する時の持ち物リスト!必ず持っていくべきもの、意外と便利だったもの、持っていかなくても良かったもの

旅行 モルディブ旅行記

2014年、新婚旅行でモルディブに行ってきました。

その時私が実際に持って行って便利だったもの、持っていかなくてもよかったもの一覧です。

これからモルディブ旅行に行かれる方は、ぜひご参考にしてください!

 

f:id:wasabicco:20161111111950j:plain

 

 

■必ず持っていくべきもの

□パスポート

忘れずに!

また、パスポートをなくしたときのために予備の顔写真を用意しておくと再発行がスムーズに進みます。

 

□飛行機チケットなど、旅行会社から渡されたもの

こちらも忘れずに。

海外保険に加入した場合はその証明書なども忘れずに!

 

 

□デジカメ

360度どこを見渡してもきれいなモルディブ

せっかくならきれいな写真を残したいですよね。

スマホでもキレイに撮れますが、できれば一眼レフの望遠レンズ付きがあれば尚良いと思います。

  

 

□水中カメラ

モルディブの海はとってもきれい。

シュノーケリングしたりダイビングをしたり。

水中カメラはとても重宝しました。

泳ぎながら撮ることが多かったので、落とさないように手首に紐がついているものがおすすめ!

私たちはコレ↓を3つ持っていきました。3つじゃ足りなかったかも・・。 

 

 

□クレジットカード

リゾート施設や乗り継ぎの空港はクレジットカード対応でした。

おみやげや現地での清算はクレジットカードで行いました。

現地の紙幣って慣れてないとわかりずらいですが、クレジットカードでのお会計はとっても楽でした。

 

 

□日焼け止め(強力なやつ)

モルディブの日差しは想像以上にすごい。ものすごいです。

一歩外に出ただけでジリジリ焼けます。

海に入っている時間も長いので、ウォータープルーフのタイプにしましょう。

また、肌が弱くなければできるだけ強力なものにしましょう。 

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

資生堂 アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+N 60ml

 

 

 

□サングラス

これも必須です。

とにかく日差しがすごすぎて、慣れるまで目も開けていられませんでした。

海に入った後いちいち化粧直しするのもめんどくさいので、サングラスですっぴんを隠していました(笑)

 

 

□水着

忘れずに持っていきましょう。外に干しておけば日差しですぐ乾くので、2着くらい持っていけば良いと思います。

 

 

□ラッシュガード

やはり日焼け対策に。

本当に日差しが強く、下手をすると軽い火傷みたいになってしまうので、普段日焼け対策をしない男性も必ず持っていきましょう!

海は毎日入ると思うので、長袖タイプが2個くらい必要です。

 

 女性用はかわいいデザインがいっぱいありますね!

 

 

□トレンカ

足の日焼け対策も必須!

またトレンカは足の保護にもなります。

私はモルディブ旅行初日にトレンカを穿かずに海に飛び込んだところ、チンクイ?という生物に足を刺され、痛みと腫れで酷い目にあいました。

足のガードは絶対にしてください。本当に痛かった・・・。

 

 

□マリンシューズ

地面が焼けるほど熱いので、そのまま海に入れるマリンシューズは重宝しました。

キレイな砂浜にガラスが落ちてる・・ということはほぼ無いとは思いますが、シュノーケリング時のフィンを履く時の靴擦れ防止などの効果もあるので持っていきましょう。 

 

 

 □サンダルやクロックス

 リゾート地は足元は楽に過ごしたいですよね。

私たち夫婦は、クロックスでずっと過ごしていました。

 

 

□変圧器、変換プラグ

モルディブの電圧220V~240V、周波数は50Hzです。
プラグは一般的にBF型(平たい穴が3つあるタイプ)かSE型
リゾート施設によって違うので、ホテルやツアー会社に確認してください。

 

 

 

■意外と便利だったもの

□移動中に暇つぶしできるもの

日本からモルディブはとっても遠いです。

飛行機に乗っている時間も長いですし、乗り継ぎがある場合は空港で待っている時間も長い。

現地で使うことはないと思いますが、移動中の暇つぶしに何か持っていくと良いと思います。

私たちはiPodとDVDプレーヤーを持っていきました。行きの飛行機で映画を3本見ました。 

 

 

□イヤホンの二分配ケーブル

iPodやDVDプレーヤーを使う時、ひとつのイヤホンをふたりで片方ずつ聞いても良いのですが、二分配ケーブルがあればふたりで同時に両耳で聞けます。

これは意外と便利でした。 

 

 

 

■持ってかなくても良かったもの

□水

現地の水が合わなかったらどうしようと思い飲み物を持って行ったのですが、現地の飲み物はおいしいものばかり。日本のお水は要りませんでした。

 

□日本食

こちらも水と同様。

現地の食べ物が合わなかったら・・とか日本食が食べたくなるかも・・と思い、カップラーメンやお菓子も持って行ったのですが、モルディブのリゾート施設の食事はとってもおいしいです。モルディブで、食べ物の心配はしなくて良いと思います。

オールインクルーシブの場合は、ほぼいらないと思います。

 

 

□大量の現地通貨

私たちが行った島は、クレジットカード利用可でした。

そのため現地で紙幣を使うことはほぼありませんでした。

ただモルディブはチップ制なので、1ドル紙幣など細かい紙幣は持っておくと良いと思います。

料理を運んでくれる人、荷物を運んでくれる人など、親切に対応してくれたスタッフや、良いパフォーマンスをしてくれたスタッフには何かとチップを払います。(強制ではありません。)

 

 

□日傘

さしている人はほとんどいませんでした。

 

 

□タオル

部屋のホテルは毎日交換してくれました。 

 

 

■要注意!持ち込み禁止のもの

モルディブには以下のものは持ち込み禁止です。

□銃器
□手榴弾や爆弾などの爆発物
麻薬
ポルノ商品
崇拝の偶像


豚製品
□酒・アルコール類