今まで面倒くさくて避けていた「ふるさと納税」をしてみたら、ワンストップ特例制度のおかげでめちゃくちゃ簡単だった

こんばんは。

「わさびびより」のわさびです。

わさびのプロフィールはこちら

 

毎年やろうやろうと思っていたのですが、「仕事で忙しい」やら「確定申告がめんどくさい」やら「仕組みがよくわからない」やらいろいろな理由で結局やってこなかった『ふるさと納税

 

今年は仕事もやめて日中はたっぷり時間もあるので、ついにやってみることにしました。

退職したばかりの年はふるさと納税をしてもお得ではないそうなので、我が家は主人が行います。

 

いろいろと調べるにあたり、最近CMでよく耳にする『さとふる』というサイトを参考にしました。

 


ふるさと納税サイトさとふるCM「サルとハト」篇 15秒

 

このサイトが非常にわかりやすい。

今年『ふるさと納税』をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 ふるさと納税とは

ふるさと納税とは地方自治体への寄付金制度のこと。

寄付することで、各自治体からお礼品がもらえるのが特徴です。

 

 

■何がお得なの?

寄付した金額は、その年の(※所得税から還付されたり、)翌年度の個人住民税より控除されます
控除上限額の範囲内で寄付すると、2,000円を超える部分の金額が控除(※または還付)されます。

 

※上記で所得税還付の部分を( )で囲んだのは、後で記述する「ワンストップ特例制度」を利用する場合は、所得税の還付は無く住民税の減税のみの控除となるためです。

 

 

■結局自分はいくら寄付すれば得なのか

ふるさと納税で「寄付金控除」が最大限に適用される寄付金の控除上限額は、年収や家族構成などによって異なります。

 

↑ こちらで、控除上限額の目安を調べることができます。

 

実際に寄付を行った年の所得に応じて所得税の還付や翌年の住民税からので税額控除がされますので、あくまで目安になります。

 

 

■「ワンストップ特例制度」はたったの3ステップ!めちゃくちゃ簡単。

1.  自分の控除限度額を調べる

 ↑ さとふる で、目安を計算できます。源泉徴収を用意してください。

 

2. 寄付する自治体を選んで寄付する

 ↑ さとふる で、寄付する自治体やお礼品を選んで決済します。

 (寄付金は、クレジットカード払いやコンビニ払いなどで支払えます。)

 

3. 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を記入し、各自治体へ郵送。

 ↑ 申請書は、さとふる でダウンロードできます。

 (マイナンバー等、指定の本人確認書類の提出も併せて必要。)

 

おしまい。

 

なんと「ワンストップ特例制度」を使えば、面倒な確定申告が必要ないのです。

忙しい年末や年度末に税務署へ行く必要もなし!

めちゃくちゃ簡単。

 

さっきからだいぶ連呼してますが、

ほとんどの作業が『さとふる 』サイト内で完結してしまいました。

(各自治体へ郵送するものが有るので、それだけは忘れずに。)

 

また「ワンストップ特例制度」はすべての人に使える制度ではなく、いくつか条件があるので、詳しくはサイトを参考にしてください。

 

簡単に説明すると、

・ 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人

・ 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人

が、ワンストップ特例制度を使える条件になります。 

 

この「寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人」というのがなんとも難しいのですが、一般的には「会社勤めの方で、会社で年末調整を行う人」のことだそうです。

 

自営業など、自分で確定申告を行う必要のある方はワンストップ特例の対象外ということですね。

 

またこのワンストップ特例制度には申請期限があります。

 

平成28年度に寄付した分の申請期限は、

平成29年1月10日です!!

 

師走はあっという間に過ぎていきます。お早めに。

 

 

■どこの自治体に寄付すれば良いのか

ふるさと納税をどこの自治体へ寄付するかは、個人の自由です。

 

自分が住んでいる市町村へ寄付するのも良し。

応援したい自治体を選ぶのも良し。

もらえるお礼品から選ぶのも良し。

 

私はせっかく寄付するなら・・・と、お礼品から選びました。

 

f:id:wasabicco:20161029213120p:plain

 

自治体への寄付もでき、自己負担2000円でお礼品がもらえ、さらには来年の住民税が控除されるなんてとっても良い制度だと思います。

 

お礼品はかなりたくさんあるので迷ってしまいますが、「さとふる 」なら、人気ランキングや特集、寄付金額やジャンルなどから選べるので便利です。

 

お礼品が届くのが楽しみです!!

 また届いたらレビューしますね。

 

 

▼「さとふる」について、くわしくはこちらから