読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7-タイミング法(わさび家の不妊治療記録)

こんばんは。

 

「わさびびより」のわさびです。

わさびのプロフィールはこちら

 

2016年1月28日、4回目のクリニック通院記録です。

 

1月前半は仕事が忙しく、不妊治療は1ヵ月お休み。

2ヵ月弱ぶりの通院です。

 

f:id:wasabicco:20160928214021p:plain

今日も朝早く(5時台に家を出発・・!)病院へ。

朝早い通院にも慣れてきました。

 

バス停に向かうまでの車の中から見る朝焼けがキレイだったり。

まだ誰も走っていない道路で、好きな音楽を大きめにかけて歌ってみたり(笑)。

朝早いドライブも良いものですね。

 

今回もタイミング法なので、病院についたら採血&内診をしました。

 

 

■タイミング法の流れ

タイミング法は、採血によるホルモン値や、内診による卵胞の状態によって排卵のタイミングをお医者様が推定し、それに合わせて夫婦生活を行う不妊治療です。

 

卵管造影検査で両方の卵管に問題の無い人や、年齢が若くより自然な方法で妊娠が期待できる人に用いられる、不妊治療の第一ステップです。

 

以下、私が通っていた病院のタイミング法の流れです。

 

(1) 生理が来たら

電話で、次の来院日を予約します。

 

(2)  来院したら

病院で採血&内診し、次のタイミングを指導してもらいます。

状態によって、薬の処方やhCGの注射を行います。

 

(3) タイミングが来たら

処方された薬と点鼻薬を行います。

タイミング法に従って、夫婦生活を行います。

その後3週間たっても生理が来なければ、妊娠判定をします。

生理が来た場合、(1)に戻ります。

 

(個人や年齢によってさまざまですが、5~10回ほど繰り返しても結果が出ない場合は次のステップへと進みます。)

 

 

今回は久しぶりの通院だったのですが、なんと採血した段階で卵胞の発育が不十分という結果だったため内診すらしてもらえず。

近いうちに再来院になりました。トホホ・・。

通院に合わせて仕事を休むの結構大変なのにな・・。

 

次に続きます。

 

 

 

◆本日かかった費用◆

自由診療: ¥380

保険適用: ¥1,170

交通費: ¥1,620

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

合計: ¥3,170

 

 

▼次の記事はこちら    

wasabibiyori.hatenablog.com