読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブ旅行記(3)水上飛行機でセンターラへ!

こんにちは。

「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2014年に新婚旅行でモルディブセンターラ グランド アイランド リゾート & スパに行った時のレポートです!

 

▼よく読まれている記事

wasabibiyori.hatenablog.com

 

 

前回、コロンボモルディブの首都マーレ到着までのレポを書かせていただきました。

 

▼前回の記事はこちら 

wasabibiyori.hatenablog.com

 

 

今回はいよいよ、マーレ~宿泊する島「センターラ グランド アイランド リゾート & スパ」への到着までのレポです!

 

マーレのホテルで仮眠&朝食をとった私たち。

 

ホテルが用意してくれたバスで水上飛行機乗り場へ向かいます。

 

いよいよ宿泊する島、センターラへ向かうため、いざ水上飛行機へ

 

 

↓ 各々、自分の乗る水上飛行機の乗り場へ向かいます

f:id:wasabicco:20170310115538j:plain

 

首都マーレからは、この水上飛行機に乗って自分たちが宿泊する島へ向かいます。

水上バイクで行ける島もあるそうです。)

 

たくさんの水上飛行機が並んでます。

どうにか「センターラ」という単語だけを頼りに自分たちの乗り場へ移動。

 

 

↓ 15~20人乗りくらいの小さな飛行機

f:id:wasabicco:20170310115018j:plain

 

飛行機の中は狭くてぎゅうぎゅう詰めなので、暑かったです。

(エアコンは付いていないっぽい。)

 

搭乗し、ついに出発。

 

プロペラが周り、エンジンの音が鳴り始めました。

(これがかなりの轟音!!)

 

ゴォォォオオオオーー

 

ブイィイイイーーーーン

 

 

・・・。

 

 

ゴォォォオオオオーー

 

ブイィイイイーーーーン

 

 

・・・。

 

 

・・・。

 

 

・・・。

 

 

全然飛ばないんですけど!!

 

どうやらこの水上飛行機、出発準備に(エンジンがかかるのに)だいぶ時間がかかるようで、エンジンのモーター音がし始めてから20~30分飛ばないんですよね。

 

一向に飛ぶ様子がないので、本当に飛ぶのか半信半疑でした。

 

 

 

↓ ついに飛んだよ!

f:id:wasabicco:20170310120627j:plain

 

30分くらいで、やっと飛びました!

 

窓際の席からは、下に広がるキレイな海や小さな島々が見えます。

ついにモルディブに来たんだなぁ~♪と感動。

 

たしか30分くらいのフライトだった気がします。

 

なかなか飛ばない離陸にもびっくりしましたが、着陸もまたまたびっくり。

港とか砂浜とか飛行機場でもなく、何もない海の上に着陸しました。

 

こんな海のど真ん中に着陸してどうするのかと思っていたら、海の上にぷかぷか浮かぶ板(いかだ)の上に降りろ!と。

 

えー?!

 

言われるがまま、いかだの上に降りました。

 

 

 

↓ 船が迎えにきたよ

f:id:wasabicco:20170310121225j:plain

 

安定しないグラグラのいかだの上で待っていると、船が迎えに来ました。

これで島へ向かうそうです。

 

 

 

↓ 島が近づいてきたよ

f:id:wasabicco:20170310121212j:plain

 

島までは船で10分くらい。

私たちが宿泊する島が見えてきました!!

 

それにしてもモルディブっていろいろと緩いんですよ。

 

飛行機の時間は必ず遅れるし、いかだの上にいきなり降ろされるし。

 

そして上の画像でピンクの〇で囲ったのですが、私たちのスーツケース!!

 

他の人のスーツケースは船の中に入れてもらってたんですが、私たちのスーツケースは入りきらなかったみたいで、なんと甲板へ放置。

 

船が揺れるたびに海に落ちそうになるし、海の水がバシャバシャかかってるし。

荷物を扱うときも乱暴にバンバン投げてました。

 

この自由で適当なところがモルディブの良さかもしれません。

細かいことは気にしない、的な。

 

 

 

↓ センターラへ到着

f:id:wasabicco:20170310122218j:plain

 

無事、センターラへ到着しました。

 

暑いよ~!!

日差しがやばいよ~!!

リゾートだー!!!!

 

 

次回は宿泊したお部屋の紹介です!!

お楽しみに~。

4-出産のための準備・入院時(出産レポ)

こんにちは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2月14日、元気な男の子を無事出産しました!

何回かにわけて、出産レポートを書いていきます。

 

今日は、入院時に準備したもののメモ書きです。

 

 

■自分で用意したもの

入院時に病院へ持って行ったものです。

母子手帳

→ 必須。

 

・健康保険証

→ 必須。

 

・夜用ナプキン

→ 悪露用。病院が用意してくれた産褥用ナプキンで足りたので使いませんでした。 

ウィスパー すきまぴったり超朝までガート゛ さらふわ360 特に心配な夜用 16コ

ウィスパー すきまぴったり超朝までガート゛ さらふわ360 特に心配な夜用 16コ

 

 

 

・ガーゼ

→ 沐浴用。病院が用意してくれたので使いませんでした。退院後の沐浴で使うので、買っておくのは良いと思います。 

 

・産褥用ショーツ

→ 病院が1枚用意してくれましたが、入院中は常に産褥用ショーツを身に着けていました。洗濯できる環境がない場合は、入院する日数分持っていくと良いと思います。 

 

・寝る時用のズボン、靴下、羽織るもの

→ 病衣だけでは肌寒かったので、持って行って良かったです。

 

・小銭

→ 自動販売機で飲み物を買う用に。

 

・デジカメ

→ スマホでも撮影できますが、やっぱり一眼レフのデジカメではとてもキレイに撮れました。

 

・ボールペン

→ 入院中、いろいろと書類を書くことがあります。

 

・クリアファイル

→ 入院中に渡される書類や資料を入れておくためにあると便利。

 

 

■病院が用意してくれたもの

私が入院した病院で、「お産セット」として病院側が用意してくれたものです。

病院側で用意してくれない場合、自分で用意した方が良いです。

 

・産褥ショーツ(1枚) 

 

・産褥用ナプキン(L・M・S) 

ダッコ dacco お産用パッド フィール feel Lサイズ(18cm×48.5cm) 5個入
 

 

・母乳パッド 

 

・新生児用おむつ 

ムーニー テープ 新生児 (お誕生~5000g) 111枚

ムーニー テープ 新生児 (お誕生~5000g) 111枚

 

 

・おしりふき 

ムーニー おしりふき やわらか素材 純水99% 詰替 640枚(80枚×8)

ムーニー おしりふき やわらか素材 純水99% 詰替 640枚(80枚×8)

 

 

・ミルク(試供品) 

 

・哺乳瓶 

 

・病衣

・スリッパ

・歯ブラシ

・化粧水

・メガネ

・タオル

 

 

■用意すればよかったもの

後からふりかえって、用意しておけば良かったなぁと思うものです。

・付き添いしてくれる人(主人)のお泊りグッズ

→ 2日がかりになることが多い出産。主人の着替え、歯ブラシセット、スリッパ等も一緒に持っていけば良かったなぁと思いました。

 

・授乳クッション

→ 病院でも授乳室にはクッションを用意してくれていましたが、部屋にはなかったので。退院後も使うので、あらかじめ購入して持っていくと便利です。 

HashkuDe(ハッシュクード) 洗える授乳クッション Zoo

HashkuDe(ハッシュクード) 洗える授乳クッション Zoo

 

 

3-分娩(出産レポ)

こんにちは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2月14日、元気な男の子を無事出産しました!

何回かにわけて、出産レポートを書いていきます。

 

f:id:wasabicco:20170223170002p:plain

 

■分娩台へ

朝5時の回診で、「分娩室の準備してくるね~!あと1時間したら迎えくるからね~!」と言って助産師さんは去っていきました。

 

「あと1時間で終わる・・」

 

ホッとした瞬間、今まで以上のものすごい痛みが襲ってきました。

 

主人がナースコールしてくれ、助産師さんが車椅子をもって登場。

分娩室へ移動しました。

 

 

 

■吸引分娩

分娩台にあがって1時間ほどたち、何度いきんでみてもなかなか産まれてくれず、横向き、足をさらに上げてみる、など体勢も変えてみましたがだめでした。

 

しばらくして院長先生が登場。

院長先生は落ち着いた様子で、「それじゃあ少しお手伝いしますねー。もう大丈夫ですからねー。」と声をかけてくれました。

 

次の瞬間、パチッパチッという音が。

その時は全くきづかなかったのですが、後から主人から聞いたところ「会陰切開」された音だったそうです。

2箇所切られました。

 

「会陰切開」と聞くとものすごく痛そうなイメージですが、一晩中本陣痛の壮絶な痛みを経験した後だったので、切開自体には全く痛みを感じませんでした。

 

そして「次に痛みが来たら吸引させてもらうね。」と落ち着いた様子の院長先生。

 

痛みが来ました。

「いきんでー!」と助産師さん。

看護師さんは私のお腹をめっちゃ押してました。

 

 気づくと赤ちゃんが産まれていました。

 

 

■産まれました!

無事、元気な男の子が産まれました。

 

看護師さんや助産師さんが赤ちゃんをキレイにしたり体重を測ったりしている間、私は切開した場所を縫合してもらったり、胎盤を取り出されたりしてました。

 

主人や母は赤ちゃんの写真をとったり、家にいる家族に連絡をとったりしていました。

 

よく「出産は鼻からスイカが出るくらい痛い」と言われますが、私の場合は分娩にそれほど痛みを伴いませんでした。

 

とにかく一晩続いた本陣痛が痛すぎて・・・

それ以外の痛みを「痛い」と感じなくなっていました。

会陰切開も、分娩も、切開部分の縫合も、胎盤の取り出しも、不思議と痛くなかったです。

 

元気に産声をあげる我が子。

しばらくして、私の腕の中に。

 

とっても嬉しかったです。

 

2017年2月14日、

元気な男の子を無事出産しました。

 

 

次回、「出産のための準備・入院時」編に続きます

広告を非表示にする

2-本陣痛(出産レポ)

こんばんは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2月14日、元気な男の子を無事出産しました!

何回かにわけて、出産レポートを書いていきます。

 

f:id:wasabicco:20161201113515p:plain

 

■本陣痛

夜21時ころ。

痛みのレベルが変わり始めました。

 

さっきまでごはんを食べたりシャワーを浴びたり会話をしたりしていたのが嘘のように、数秒間隔で来る激しい右下腹部の痛み。

 

なんとも表現しずらいのですが、お腹をずっとカナヅチで叩かれているような。

とにかく経験したことのない激痛でした。

 

耐え切れずナースコール。

 子宮口はまだ3cmでした。

 

助産師さんから、陣痛の際の痛みを軽減する方法を教えてもらいました。

 

とにかく深くゆっくりゆっくり息を吐くこと。

腰をさすってもらうこと。

 

絶えず襲ってくる激しい痛みは、ここから9時間ほど続くことになります。

 

夜中の3時ころがピークだった気がします。

その頃は床に這いつくばり、枕を握りしめてひたすら痛みと戦っていました。

意識がなくなりそうなほどの激痛。

 

本陣痛の痛みは、今でも思い出したくもないくらいの恐怖です(笑)。

数秒間隔で来る痛みがあまりにも怖くて、手や足の震えが止まりませんでした。

 

本陣痛は一晩中続いたのですが、その間主人と母が交代で腰をさすってくれました。

 

 

 

■子宮口が開いてきました

気づくと朝5時になっていました。

助産師さんが回診に。

 

子宮口は7cmまで開いていました。

 

「あと1時間くらいだね。分娩室の準備してくるね!」と助産師さん。 

「ああ、やっと終わる・・・」とホッとしたのを覚えています。

 

 

次回、「吸引分娩」編に続きます

広告を非表示にする

1-入院当日(出産レポ)

こんばんは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2月14日、元気な男の子を無事出産しました!

何回かにわけて、出産レポートを書いていきます。

 

f:id:wasabicco:20161201113515p:plain

 

■入院しました

2月13日(月)

右下腹部の痛みに耐え切れず病院へ向かい診察してもらったところ、子宮口が3cm開いていたためそのまま入院になりました。

 

▼その時の記事がこちら 

wasabibiyori.hatenablog.com

 

診察が終わり、看護師さんに支えられながら病室へ。

 

私が入院したのは、完全個室制の病院。

トイレ、シャワー、テレビ、DVDデッキ、加湿器、冷蔵庫付き。

とても快適で、ビジネスホテルのようでした。

(産後は痛みで歩くのも辛かったので、トイレやシャワーが部屋についていたのはとても助かりました。)

 

今回入院してみて、出産時の「病院選び」はとても大切だな~と思ったので、それについてはまた後日書きたいと思います。

 

 

■前駆陣痛

入院後すぐ、病院で用意された病衣に着替えて、NSTノンストレステスト)開始。

陣痛間隔、お腹の張り具合、赤ちゃんの心音をモニターしてくれます。

 

おいしそうな夕食も運ばれてきました。

完食。

仕事終わりの主人も到着しました。

 

部屋に様子を見に来た看護師さんから、「陣痛間隔が2,3分みたいだけど大丈夫?お腹の張りも最大の数値が出てるけど・・」と言われましたが、この時はまだまだごはんを食べられる余裕がありました。

 

この間も右下腹部の痛みは続いていましたが、母や主人と普通に会話をして、痛みが少しひいた隙にシャワーも浴びました。

 

夜20時ころ。

助産師さんが回診に来ました。

 

右下腹部が痛いことを伝えると、

「え?右?子宮じゃなくて?!」と不思議顔。

 

どうやら痛むところが普通の人とは違うみたいでした。

子宮口は相変わらず3cm。

 

「まだ本陣痛じゃないね~。何かあったらナースコールしてね~。」と助産師さん。

 

夜勤は助産師さん1名&看護師さん1名の2人体制らしく、次々と呼ばれるナースコールにものすごく忙しそうでした。

 

「本当に今日か明日産まれるんだろうか・・・。」

なんだか半信半疑で実感がわきません。

 

ですがここから、長く悪夢のような一晩が始まるのでした(笑)。

 

 

次回、「本陣痛」編に続きます

正産期・陣痛の予兆(わさびの妊娠日記)

こんばんは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

2月14日、元気な男の子を無事出産しました!

 

これから何回かにわけて、出産レポートを書かせていただきます。

(ご不快な方がいらっしゃいましたらすみません。)

 

自分自身が2人目を出産するときのためにいろいろと忘れないように、また現在出産を控えている妊婦さんのご参考になればと思います。

 

f:id:wasabicco:20161201113515p:plain

 

 

■右下腹部の痛み

2月11日に謎の腰痛に襲われてから、しばらくは何事もなかったかのように過ごしていたのですが

 

▼その時の記事がこちら 

wasabibiyori.hatenablog.com

 

2月13日の明け方から、今度は右の下腹部が痛み始めました。 

普段の生理痛よりちょっと痛いかな?くらいで、耐えられないほどの痛みではなかったので、その日は痛みをがまんしながら過ごしました。

 

病院からは

・破水した場合

・大量の出血があった場合

・陣痛が規則的に10分間隔になった場合

にお産専用ダイヤルに電話してくださいと言われていたのですが、今回の右下腹部痛はどれにも当てはまらず。

 

しばらく様子を見ようと思い夕方まで横になっていました。

 

昼間、いつものように母に誘われてウォーキングに行こうと思ったのですが、2,3分歩いたところで断念。

歩くと右下腹部が痛く、座り込んでしまいました。

 

食欲もあまりなく、たしか昼間にヨーグルトだけ口にした記憶があります。

 

 

■痛みが悪化し、病院へ電話

夕方16時くらいまで様子を見ていたのですが、右下腹部の痛みは全く治まりませんでした。

もしかしたらこれが陣痛?!と思ったのですが、病院から言われていた「規則正しい」「間隔」というものがよくわからず、常に痛い状態が続きました。

 

この頃には横になっているのも辛く、常に襲ってくる痛みに耐えるために四つん這いになったり、枕や布団を握りしめたりして苦しがっている状態でした。

 

母から「診療時間が終わる前に、念のため病院に電話してみなさい」と言われ、一応電話をしてみることに。

 

やはり規則正しい間隔での痛みではないこと、

痛んでいる部分が子宮ではなく右側であること、

破水していないこと、

出血も微量なこと

 

などから、助産師さんも看護師さんも「うーん、陣痛かもしれないですが・・・よくわからないので一応来てみてくださいね~。」といった曖昧な回答でした。

 

一応、入院セットを持って病院へ。

病院までは約1時間。

母が車で送ってくれました。

 

車が揺れるたびに右下腹部に激痛が走り、たびたび「うーっ!!」と声が出ていたそうです。

 

 

■病院到着。入院になりました

病院に到着したのが夕方17時。

駐車場から病院の受付まで数メートル歩くのも大変なほど痛みが増していました

なんとかたどり着き、内診してもらうと・・・

 

先生いわく、「今夜か明日の朝には産まれますね~。」とのこと。

子宮口が3cm開いていました

 

予定日より2週間も早いのでびっくり。

急遽入院になりました。

 

 

■前駆陣痛は人それぞれ

お産は人によって様々です。

そして今回経験してみて、前駆陣痛のパターンも人によって違うんだなぁと思いました。

 

私の場合は

・前回の妊婦健診で、「もしかしたらお産が早まるかも」と言われていた

・出産5日ほど前からおしるしがあった(少量ですが、ずっと出血していました)

・出産4日前に謎の腰痛があった(右側のみ)

・出産前日に右下腹部が1日中ずっと痛かった

 ↑

 たぶんこれが前駆陣痛だったのだと思います。

 

こんな感じでした。

 

 

次回、「入院当日の様子」に続きます

ご報告☆産まれました(わさびの妊娠日記)

こんばんは。

 「わさびびより」のわさびです。

 → わさびのプロフィールはこちら

 

ご報告☆

f:id:wasabicco:20170221103143p:plain

 

先日、元気な男の子を無事出産しました。

予定日より2週間早い出産となりましたが、母子ともに元気です。

現在は退院し、慣れない育児を楽しみながら実家で静養中です。

 

出産当日~入院のレポはこれから書いていきます。

取り急ぎご報告させていただきました。